報道の自由度、台湾は前年と同じ42位 日本も67位で変わらず

【社会】 2019/04/19 12:04 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
各国・地域の報道の自由度を色で示す地図。台湾は「まずまず良い」の黄、日本は「問題あり」のオレンジ、中国は「非常に悪い」の黒となっている=国境なき記者団提供

各国・地域の報道の自由度を色で示す地図。台湾は「まずまず良い」の黄、日本は「問題あり」のオレンジ、中国は「非常に悪い」の黒となっている=国境なき記者団提供

(香港 19日 中央社)国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)が18日に発表した最新の報道の自由度に関するランキングで、台湾は前年と同じ、180カ国・地域中42位を維持した。

首位はノルウェー。以下、フィンランド、スウェーデン、オランダ、デンマークと、欧州勢が上位を独占した。韓国は前年より2つ順位を上げて41位、日本は前年と同じ67位。

同調査ではランキングのほか、自由度の高低を5段階に色分けした地図も作成している。アジア太平洋地域で最高ランクの「良好」(白)に分類されたのはニュージーランド(7位)のみ。台湾と韓国は2番目に高い「まずまず良い」(黄)、日本と香港(73位)は中間の「問題あり」(オレンジ)、中国(177位)は最低ランクの「非常に悪い」(黒)だった。

(張謙/編集:塚越西穂)