日台共同開発の高精度望遠鏡、イプシロン4号機で宇宙へ

【社会】 2019/01/18 12:29 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
日台の大学が共同開発した高精度マルチスペクトル望遠鏡(HPT)=台湾・中央大提供

日台の大学が共同開発した高精度マルチスペクトル望遠鏡(HPT)=台湾・中央大提供

(台北 18日 中央社)台湾の中央大学(桃園市)が北海道大学(札幌市)、東北大学(仙台市)と共同開発した高精度マルチスペクトル望遠鏡(HPT)を搭載した日本の小型ロケット「イプシロン」4号機が18日、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた。中央大学天文研究所の葉永ケン教授によると、当面の目標は、大気中に存在する粒子状の物質「エアロゾル」の観測がメーン。優れた人材の育成や研究成果の向上につながればと期待を示した。(ケン=火へんに亘)

HPTは重さ約3キロ、口径10センチ。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の革新的衛星技術実証プログラムに採択されてイプシロンに搭載された衛星の一つ、超小型地球観測衛星「ライズサット」で使われている。高度500キロの太陽同期軌道で地表や天体の観測を行うことになっており、天候や大気の影響を受けない空間からの撮影に、高い成果が期待される。

地表環境のほか、恒星や惑星などの観測も予定されており、中央大の鹿林天文台(玉山国家公園)では捉えられない南半球の天体に焦点を当てて、研究に役立てるという。

(許秩維/編集:塚越西穂)