日台の中学生が交流 日帰り観光と台湾グルメで親睦深める

【社会】 2018/12/26 18:06 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
グリーンエネルギーについて討論する日台の中学生たち=台北市政府提供

グリーンエネルギーについて討論する日台の中学生たち=台北市政府提供

(台北 26日 中央社)台北市内の龍山中学は23日、大阪府松原市の国際交流事業の一環として台湾を訪れた同市の中学生や教員ら30人余りからなる交流団の訪問を受けた。この日を楽しみにしていたという龍山中学の教員や生徒は、市内や近郊の観光名所をめぐる日帰りツアーで一行をもてなし、交流を深めた。

観光コースは、龍山中学の生徒たちが日ごろの知識や経験を生かして設定した。台北市内の西門町や総統府、地下商店街、郊外の淡水や平渓など、台湾を代表するスポットを訪れたほか、ショーロンポー(小籠包)や臭豆腐、ルーローファン(魯肉飯)、ショウガ入りの薬膳スープで煮込むアヒルの鍋料理「薑母鴨」など、各種の台湾の味覚を味わったという。

(編集:塚越西穂)