南部・高雄のCO2削減住宅計画、健康都市連合で受賞/台湾

【社会】 2018/10/23 12:03 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
高雄市のエコ住宅=同市政府提供

高雄市のエコ住宅=同市政府提供

(高雄 23日 中央社)南部・高雄市の環境に配慮した住宅建築を推進する計画がこのほど、国際組織、健康都市連合(AFHC)の大会で、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」に関する項目の「創造的開発賞」を受賞した。同市は、高雄の優れた建築政策を国際社会に向けてアピールできたと喜びを示した。

健康都市連合は、都市で生活する人々の健康を守り、生活の質の向上を目指すことを目的に設立された国際的な都市間ネットワーク。世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局の呼び掛けで2003年に発足した。2018年の国際大会が17~20日にマレーシアで開催され、高雄の受賞が17日に発表された。

高雄市によれば、同計画は、住居環境の問題を改善するためのさまざまな指標を設定し、環境にやさしく、誰もが暮らしやすいユニバーサルデザインに配慮した住宅の建築を促進するための取り組み。市は2012年から計画を推進。計画を通じて毎年、108万トンの二酸化炭素(CO2)の排出が削減できるという。

(王淑芬/編集:楊千慧)