高坂希太郎監督、アニメ映画祭参加で台湾訪問 「海外にいる感じがしない」

【社会】 2018/10/15 13:08 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
「台中国際アニメーション映画祭」のトークイベントに出席する高坂希太郎監督(左)

「台中国際アニメーション映画祭」のトークイベントに出席する高坂希太郎監督(左)

(台中 15日 中央社)国内外のアニメーションが一堂に会する「台中国際アニメーション映画祭(台中国際動画影展)」が11日から台中市で開かれている。高坂希太郎監督が手がけた「若おかみは小学生!」も出品され、13日に長編映画部門で上映された。監督自身も主催者側の招きに応じて来台し、上映終了後のトークイベントに出席。中央社の単独取材では、現地に来てもあまり海外にいる感じがしないと述べ、台湾で漢字が使われていることに親近感を示した。

親子が一緒に楽しめるようにしたという同作。だが、日本での観客の多くは中年の男性だったという。一方、台湾では子どもから大人まで幅広い年齢層の観衆が来場してくれたと高坂監督は話し、安堵の表情を見せた。

また、作品の舞台になっている温泉について、とても好きだが温泉通ではないと明かし、作品中の温泉シーンのモデルとなった有馬温泉を台湾の人々に薦めた。

同映画祭には今年、51カ国・地域から計241作が出品されており、同作のほかに石田祐康監督の「ペンギン・ハイウェイ」なども上映された。映画祭は16日まで。

(江佩凌/編集:荘麗玲)