盗撮疑惑で副大臣級が辞任 駅で女性の脚をスマホで撮影/台湾

【社会】 2018/07/09 16:24 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
国家発展委員会副主任委員時代の邱俊栄氏

国家発展委員会副主任委員時代の邱俊栄氏

(台北 9日 中央社)国家発展委員会の邱俊栄副主任委員(副大臣級)が8日夜、辞任した。一部メディアで同日、邱氏が女性の脚をスマートフォン(スマホ)で後ろから撮影したと報じられていた。邱氏は事実関係を認めながらも「操作ミスで誤って撮影してしまった」と説明。「内閣のイメージを傷つけた」として同委員会の陳美伶主任委員(閣僚)に辞任を申し出、承認された。

一部メディアによると、7日午後4時ごろ、台北メトロ(MRT)西門駅で女性の脚をスマホで撮影した男性がいたと一般市民がインターネットの掲示板に投稿。投稿には、写真を削除するよう男性に求める女性とそれに応じる男性のやりとりを捉えた映像が添付されており、その男性が邱氏に似ていると指摘する声が上がった。

邱氏は8日午後、声明文を公表。謝罪し、写真は全て削除したと述べた。その後に再び声明文を出し、辞任が受理されたと発表した。

一部メディアによれば、女性はプライバシーを侵害されたとして邱氏を告訴。台北市政府警察局捷運警察隊が捜査を進めているという。

邱氏は昨年9月に同委員会副主任委員に就任。台湾大学経済学部卒、同大学で経済学の博士号を取得している。台湾経済学会の秘書長やシンクタンク、台湾経済研究院の副院長などを歴任した。

(廖禹揚/編集:楊千慧)