台湾「唐奨」法治賞のラズ氏、喜び語る「とても光栄」

【社会】 2018/06/21 13:01 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ジョセフ・ラズ氏

ジョセフ・ラズ氏

(ロンドン 21日 中央社)東洋のノーベル賞とされる「唐奨」法治賞の第3回受賞者が21日、唐奨教育基金会により発表された。受賞者のジョセフ・ラズ氏は中央社の取材に応じ、とても光栄だと喜びを示した。受賞は全く予想していなかったと言い、立派な他の受賞者と名を連ねることに戦々恐々としているとも語った。

ラズ氏は唐奨教育基金会について、人類の未来にとって非常に重要な分野の賞を設け、複数の学問分野をまたぐ研究を後押ししているところが素晴らしいと称賛。自身が専門とする法治も、法律や政治、道徳、社会科学、経済などの理論と実践を融合させたものだとする見方を示した。

(戴雅真/編集:塚越西穂)