台湾、高齢社会に突入 7人に1人が65歳以上

【社会】 2018/04/11 14:14 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
公園に集まる高齢者たち

公園に集まる高齢者たち

(台北 11日 中央社)内政部(内務省)は10日、人口に占める65歳以上の高齢者の割合(高齢化率)が今年3月末の時点で14.05%に達し、台湾は世界保健機関(WHO)が定義する「高齢社会」に突入したと発表した。7人に1人が高齢者という計算になる。台湾はアジアの中で日本に次いで高齢化率が高いという。

同部によれば、国家発展委員会は高齢化率が20%を超える「超高齢社会」の到来は8年後と見通しており、高齢社会から超高齢社会になるまでにかかる年数は日本(11年)や米国(14年)、フランス(29年)、英国(51年)などより短いという。同部は、台湾では他国より速いペースで高齢化が進んでいるとして警鐘を鳴らしている。

同部は、台湾は1993年に高齢化率が7%に達し「高齢化社会」に突入したと説明。2011年以降、戦後のベビーブーム世代が次々に65歳を迎え、高齢化が加速した。高齢化率が14%以上の自治体は2011年の時点で22県市中3県だったのに対し、今年3月末には15県市に増えた。

地域別では、南部・嘉義県の高齢化率が最高で18.61%。直轄市6市(台北、新北、桃園、台中、台南、高雄)では、台北市が最も高い16.58%となった。

(劉麗栄/編集:楊千慧)