台湾、高齢社会に突入 7人に1人が65歳以上

【社会】 2018/04/11 14:14 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 11日 中央社)内政部(内務省)は10日、人口に占める65歳以上の高齢者の割合(高齢化率)が今年3月末の時点で14.05%に達し、台湾は世界保健機関(WHO)が定義する「高齢社会」に突入したと発表した。7人に1人が高齢者という計算になる。台湾はアジアの中で日本に次いで高齢化率が高いという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます