持ち主見つかったカメラ 発見者の児童「ネットの力はすごい」/台湾

【社会】 2018/03/29 17:43 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
石垣島から流れてきたデジタルカメラを見つけた台湾の小学生

石垣島から流れてきたデジタルカメラを見つけた台湾の小学生

(宜蘭 29日 中央社)石垣島から台湾に漂着したデジタルカメラは、インターネットユーザーの協力により、捜索開始から約1日半で持ち主が見つかった。発見者の児童は29日、「見つかるまで1年はかかると思っていた。インターネットの力がこんなにすごいなんて」と驚きを明かした。

カメラの持ち主は、東京都内の大学に通う女性。約2年半前にこのカメラを石垣島で紛失していた。29日に電話取材に応じた女性は、カメラが台湾で拾われたことについて「いまだにとても不思議」と漏らす。カメラには、大学に入って初めてのサークル旅行で訪れた石垣島で撮影した写真が記録されていたといい、「青春の一部分が戻ってきたみたい」と喜んだ。

女性は6月に訪台し、カメラを受け取る予定。

(沈如峰、黄名璽/編集:名切千絵)