台中でユリの祭典 フォーラムには日本の花き業者も/台湾

【社会】 2018/01/12 14:37文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
資料写真=台中市后里のユリ畑

資料写真=台中市后里のユリ畑

(台中 12日 中央社)年に一度のユリの祭典「リリースマイル台湾」(台湾百合節)が13、14両日、中部・台中市后里で行われる。開催5回目となる今回、30枚の花びらを持つ花や、量産までに5年を要する赤紫色の花など計95の新品種を展示する。

期間中に開催される産業フォーラムには、オランダの駐台代表(大使に相当)のほか、高一農場(埼玉県)や山喜農園(新潟県)など日本の花き業者らも参加、産業の発展などについて相互理解と交流を深めるという。

(蘇木春/編集:塚越西穂)

LINE分享給好友