柯台北市長、自身が主役のゲームをリリース 3年間の成果をアピール/台湾

【社会】 2017/12/22 17:28 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
柯市長就任3周年の特設サイトより

柯市長就任3周年の特設サイトより

(台北 22日 中央社)台北市政府は21日、柯文哲市長の就任3周年を記念し、市長を主役にしたミニゲームをインターネット上で公開した。ゲームの中にこれまで推進してきた主な政策を盛り込み、成果をアピールしている。

ゲームで柯市長は、ドット絵風のキャラクターで登場。異変が発生した台北市で市民を救うために、市長自らが市内12の行政区を巡るというストーリーになっている。高齢者がともに食事を取れる拠点の設置や公営住宅の建設、忠孝橋につながる取り付け道路の撤去、ユニバーシアード台北大会の開催などが紹介されているほか、台湾風ソーセージ(香腸)やショーロンポー(小籠包)など各行政区の代表的な美食がゲームのアイテムとして登場する。

柯市長は同日、自身のフェイスブックでゲームを紹介。ゲームの制作は若い職員による提案だといい、「若者が何が好きなのかどんどん分からなくなる」と本音をポツリ。「変なものに多くの反響が寄せられるんだったら、みんなに任せよう」と提案にゴーサインを出したことを明かした。

ミニゲームは柯市長就任3周年の特設サイトで公開されており、パソコンやスマートフォンで無料で楽しめる。

(梁珮綺/編集:名切千絵)