台湾の被雇用者、平均月給は約14万5000円=主計総処

【社会】 2017/12/05 11:56文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
台湾の被雇用者、平均月給は約14万5000円=主計総処

(台北 5日 中央社)行政院(内閣)主計総処が11月30日に発表した労働力に関する調査結果で、被雇用者の平均月給が前年比1.63%増の3万8656台湾元(約14万4800円)であることが分かった。

調査によると、フルタイム労働者861万7000人のうち、月給が3万元(約11万2400円)以上の人は前年比2.86ポイント増の590万4000人(68.53%)。5万元(約18万7300円)以上は同0.77ポイント増の163万2000人(18.94%)となっている。

一方で、3万元に手が届かない人は前年より22万人(2.86ポイント)減少しており、271万2000人(31.47%)だった。

調査は卒業シーズンや旧正月の連休などの影響を受けにくい5月に行われた。ここで言う月給は、残業代、ボーナスなどの臨時収入を除く固定収入のことで、2つ以上の仕事を掛け持ちしている場合には、就業時間の長い方を採用している。

(陳政偉/編集:塚越西穂)

LINE分享給好友