日本統治時代に開校の女子高、2500人の人文字で創立100周年を祝う/台湾

【社会】 2017/10/20 18:01文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
台南女子高提供

台南女子高提供

(台南 20日 中央社)日本統治時代の旧制高等女学校を起源とする台南女子高(南女)は、今年で創立100周年を迎える。これを記念して、教師や生徒ら約2500人が19日、校庭に「南女100」の人文字を描き出した。

同校の前身は、1917(大正6)年開校の総督府台南高等女学校と、その4年後に設立された台南州立台南女子高等普通学校。両校は戦後合併され、2000年に国立台南女子高級中学(高校)と改名し今に至る。

千人規模の人文字づくりは初めてという同校は、教職員や保護者、卒業生を総動員して撮影に臨んだ。これから12月まで運動会や音楽会などの記念イベントを相次いで開催することになっており、祝賀会には蔡英文総統を招く計画があるという。

(張栄祥/編集:塚越西穂)

LINE分享給好友