台湾漁船の乗組員全員の安全を確認=台風の影響で一時漂流 宮古島の港

【社会】 2017/09/14 13:34文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
グーグルマップより

グーグルマップより

(台北 14日 中央社)台風が直撃した沖縄県宮古島市の平良港で13日、台風から避難するために係留していた台湾漁船2隻のロープが切れ、乗組員4人を乗せた船が港内を一時漂流した。行政院(内閣)農業委員会漁業署は14日、船内にいた4人の安全が確認されたと明らかにした。船は日本側の協力により再びロープで固定された。

同署によれば、2隻は宮古島の北東で操業していたものの、台風の襲来を受けて、12日夜、日本側の協力を得て宮古島の港に入港した。2隻の乗組員計10人のうち、6人は13日に上陸し、地元の台湾系住民から提供された宿泊先にいたが、残る4人は船を守るため、船内にいた。

(楊淑閔/編集:名切千絵)

LINE分享給好友