ノーベル賞有力候補の中央研究院長、辞意表明=バイオ株めぐる疑惑受け/台湾

【社会】 2016/04/01 16:24 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 1日 中央社)台湾の最高学術研究機構「中央研究院」(中研院)の院長で、ノーベル賞有力候補の1人とされる翁啓恵氏が、馬英九総統に対して辞意を表明していたことが先月30日、総統府の発表で分かった。翁氏は疑惑が持たれている創薬ベンチャー、台湾浩鼎生技(OBIファーマ)株のインサイダー取引などについて、同31日に立法院(国会)で説明を行う予定だった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます