日本統治時代から残る三井物産倉庫、移築へ 台北駅周辺の都市計画で/台湾

【社会】 2016/02/26 15:41 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 26日 中央社)日本統治時代に建設されたとされ、台北市の市指定歴史的建築物に登録されている「三井物産株式会社旧倉庫」が、現在地より51メートル東側に移築されることが25日、同市都市計画委員会で決まった。旧倉庫が位置する台北駅西側では景観整備が進められており、移築は都市計画に伴うもの。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます