動物園も防寒対策 オランウータンは毛布にすっぽり/台湾・高雄

【社会】 2016/01/21 19:09 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
寿山動物園提供

寿山動物園提供

(高雄 21日 中央社)寒波の到来に備え、高雄市寿山動物園は21日、飼育動物の防寒対策を始めた。寒さに弱いゾウガメやオランウータンのほか、フラミンゴをはじめとした鳥類の飼育舎には保温用のライトを設置。園内ではオランウータンが暖を取ろうと毛布にくるまる姿も見られた。

同園では80種類、約500点の動物を飼育。夏と冬にはそれぞれの動物の特性に合わせた対策を講じている。同園の担当者によると、寒さに強いのはアルパカとタイワンツキノワグマで、気温が下がれば下がるほど活動が活発になるという。

(王淑芬/編集:名切千絵)