台湾のデング熱 台南で終息へ 新規感染者数は2人に減少

【社会】 2015/12/07 14:12 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾のデング熱  台南で終息へ  新規感染者数は2人に減少

(台南 7日 中央社)台南市政府衛生局が7日に発表した最新の統計によると、6日の同市のデング熱新規感染者数は今年5月以来最低の2人に留まった。同局はデング熱感染が終息に近づいているとしている。

同市の感染者数は今年5月1日から今月6日までの累計で2万2691人。台湾全土で最多となっている。1日あたりの新規患者数はピーク時では700人を上回ったが、11月7日以降は継続して50人以下になっていた。

新規感染者数の減少を受け、市のデング熱疫病指揮センターは2日に運用停止された。

同市デング熱予防総顧問の蘇益仁氏は7日、年末までに来年の予防計画を策定し、来年1月からウイルスを媒介する蚊の発生源の除去などを行うことを明らかにした。

(張栄祥/編集:名切千絵)