北海道大の研究者、台湾・屏東の萌えキャラに注目 産学協同の経験を紹介

【社会】 2015/11/04 18:20 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
左から迷路小瑪、絢桜=屏東県政府提供

左から迷路小瑪、絢桜=屏東県政府提供

(台北 4日 中央社)南部・屏東県政府は近年、クリエイティブ産業と協力した観光振興を進めている。2013年と2014年には同県政府観光伝播処と屏東科技大学の学生グループが手を組み、県内で行われるイベントをPRする萌え系のキャラクターを制作。大きな注目を集めた。北海道大学の研究者は同県の取り組みに目をつけこのほど訪台し、3日には同処のギン鳳蘭処長や制作チームと産学協同の経験について意見を交わした。

制作された萌え系キャラクターの「絢桜」と「迷路小瑪」はそれぞれ、5月に行われる「東港クロマグロ文化観光祭」とクリスマスシーズンに開催される「万金聖誕祭」をPRする役割を担っている。

ギン処長は、萌え系キャラクターを起用する企画案を見た当初は心配もあったが、結果的には人気となり、アニメ産業と伝統文化を融合させる新たなきっかけになったと述べた。

研究者は来年4月に富山県で行われる商談会にギン処長や制作チームを招き、地方産業の発展と将来的な協力関係の可能性についてさらに話し合いたいと前向きな姿勢を示した。

(編集:名切千絵)