被害拡大のデング熱 感染者数6000人目前 台北市でも患者/台湾

【社会】 2015/09/07 16:03 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
被害拡大のデング熱  感染者数6000人目前  台北市でも患者/台湾

(台北 7日 中央社)衛生福利部疾病管制署は7日、南部を中心に被害が拡大しているデング熱について、今年5月1日~9月6日の感染者数は5948人に達したと発表した。そのうち台南市は5247人、台北市でも4人の感染が確認されている。

全台湾の感染者は6日発表分より406人増加した。同署では8日にも6000人を突破するとみている。感染者は台東県と連江県を除く全ての自治体で確認された。

台北市政府衛生局によると、新たに感染が分かった同市文山区の男性(49)は、デング熱の潜伏期間中に台南や高雄など南部に行ったことはないと話しているという。同局では、屋外で蚊が繁殖しやすい場所を作らないよう市民に注意を促している。

(顧セン、龍珮寧/編集:齊藤啓介)