台湾・台南で広がるデング熱、1週間で感染者数1400人増加 対策会議へ

【社会】 2015/09/04 18:29 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾・台南で広がるデング熱、1週間で感染者数1400人増加  対策会議へ

(台南 4日 中央社)台南市政府衛生局は4日、市内のデング熱感染者数が今年5月1日から9月3日までの統計で4115人に上ったと発表した。8月28日からの1週間では1414人増加。同市は5日に専門家を招いた対策会議を開き、蚊の駆除方法などについて話し合う。

同局は感染拡大を防ごうと、患者の住居や感染した可能性がある場所に薬剤を散布するなどの措置を実施している。また、同市環境保護局は蚊の発生源となりうる資源回収所の管理を行うほか、4日には個人経営の業者が回収した資源を買い上げる方針を定めた。

衛生福利部(衛生省)疾病管制署によると、台湾全土での感染者数は4667人に達している。

(張栄祥、陳偉テイ/編集:名切千絵)