個人使用目的で輸入の日本食品、6キロ以下なら産地証明添付不要/台湾

【社会】 2015/05/31 13:12 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
個人使用目的で輸入の日本食品、6キロ以下なら産地証明添付不要/台湾

(台北 31日 中央社)福島第1原子力発電所の事故以降、日本から輸入される食品に対する規制が続けられている台湾。一方で、個人使用目的に限り1000米ドル(約12万4110円)以内、重量6キロ以下であれば産地証明書の添付が不要になるとして、衛生福利部(衛生省)が周知を行なっている。

対象の食品は粉ミルクも含む。ただ、衛生福利部によると1人当たりの年間許容輸入重量は30キロとされており、注意が必要だという。

台湾では、福島など5県で製造、生産された食品の輸入を禁止しているほか、今月15日からは日本から輸入される全食品に産地証明書の添付、一部に放射性物質検査の実施が新たに義務付けられた。

(編集:齊藤啓介)