<ネパール地震>台湾の救援隊らがカトマンズ到着 医療や物資援助へ

【社会】 2015/04/29 19:04 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
<ネパール地震>台湾の救援隊らがカトマンズ到着  医療や物資援助へ

(カトマンズ 29日 中央社)ネパールで起きた地震を受け、台湾の紅十字(赤十字)会や災害救助隊、医療関係者からなる救援隊37人が29日午前、ネパールの首都、カトマンズに到着した。医療面や物資面で援助を行う。

救援隊は現地のボランティアらと約100人体制で活動する。25日の地震発生からすでに4日が経過していることから、生活物資を配給したり、診療所を開設してけが人の治療に当たるという。

活動期間は5日間の予定。28日の出発前に取材に応じた中華民国レスキュー総隊の呂正宗隊長は、必要があれば捜索救助に協力すると話した。

また、外交部の高振群・政務次長は、今回の救援隊は第1陣とし、今後も長期にわたって支援を行う考えを示した。引き続き物資の提供を呼びかけるとしている。

(卞金峰/編集:齊藤啓介)