日本食品の輸入規制強化、撤回求める農水省に「予定通り実施」=台湾

【社会】 2015/04/18 14:38 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
日本食品の輸入規制強化、撤回求める農水省に「予定通り実施」=台湾

(台北 18日 中央社)衛生福利部(衛生省)が日本産食品への輸入規制強化を発表したことに対し、日本の農林水産省の関係者が17日、同部を訪れ、新規制の撤回を申し入れた。

台湾側は撤回はできないと回答。規制強化は予定通り実施するとした。

衛生福利部は16日、日本から輸入される全食品の都道府県ごとの産地証明、一部の食品については放射性物質の検査を義務付ける新たな規制を、5月15日から始めると明かした。

台湾では3月下旬、福島第1原発事故の発生以降輸入を禁止している福島など5県で生産された食品が、産地を偽装して流通していたことが発覚。規制の強化を求める声が上がっていた。

(陳清芳/編集:杉野浩司)