台湾若手監督らによる短編映画祭、台北・台中で同時開催 日本でも好評

【社会】 2014/08/05 16:08文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
台中市政府提供

台中市政府提供

(台北 5日 中央社)台湾ミニシネマの祭典「2014青春・未來影展(映像祭)」が7月から9月にかけて台北と台中を中心に催され、世界各国の新進気鋭の映像作家たちが手がけた自主制作映画37作品が上映されている。短編ながらも力強い表現と多彩な内容で、一部は先月京都やマカオで開催された映像イベントでも披露され、好評を博した。

映像祭は先月19日の台北に続き、台中で1日開幕記者会見が行われ、台中上映会を主催する台中市政府新聞局の石静文局長、グループ「未來電影日」の王政揚さん、林イ倫さんのほか、京都精華大学教授の相内啓司さん、映像作家の洪馬克さんらが出席。相内さんによる講演、映像祭PRビデオ、ミニシネマ「替生」の特別放映が行われた。PRビデオは広島を拠点に活躍する映像ディレクターの小田祥吾さんが今回の映像祭のため特別制作したもの。(イ=王へんに韋)

相内さんが代表を務める自主制作映画グループでは先月19日~21日に京都で「Video Party Kyoto 2014」を開催、海外では唯一台湾の「青春・未來影展」から出展されたドキュメンタリーの「官将首」、フィクションの「迷失莉莉」(Miss Lily)、「替生」(Replace)のほかアニメーション3作品が反響を呼んだ。

易勁佐監督の「官将首」は新荘地区(新北市)の道教の廟に伝わり、年に一度行われる独特の伝統行事を追った作品。路之遠監督「迷失莉莉」では行方がわからなくなった孫娘の記憶を追い求める老婦人の姿を、洪馬克監督「替生」では事故で亡くなった妻の心臓を移植した女性に会う男の揺れる心情を描く。

「2014青春・未來影展」のメイン会場は台北当代芸術館(9月14日まで)と台中・金典緑園道(8月29日まで)。上映会のほか制作者らによるトークイベントなどが予定されている。

(編集:谷口一康)

LINE分享給好友