台湾・高雄大規模爆発 日本でも被災地支援の動き広まる

【社会】 2014/08/03 18:43 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾・高雄大規模爆発  日本でも被災地支援の動き広まる

(東京 3日 中央社)高雄市で起きた大規模な爆発でこれまでに300人以上が死傷した事故で、同市と友好交流協定を結んでいる東京都八王子市が募金活動を行っているほか、日本各地から被災地へのお見舞いの声が寄せられている。

八王子市では八王子まつりの本部などに募金箱を設置したほか、八王子南口総合事務所、市役所本庁舎市民ロビー、淺川、由木、元八王子、北野の各地域拠点事務所などでも義援金を受け付けている。

また、先日東日本大震災の被災地を訪れていた台湾観光協会東京事務所の江明清所長によると、岩手県の達増拓也知事や複数の自治体首長などからお見舞いの言葉をかけられたという。

このほか日本と台湾の交流を促進する団体も、募金振込口座を開設する予定で、高雄の被災者へ義援金を届けたいとしている。

(楊明珠/編集:齊藤啓介)