台湾、報道自由度で世界50位 2年連続で後退も日本より高評価

【社会】 2014/02/12 16:24
台湾、報道自由度で世界50位  2年連続で後退も日本より高評価

(台北 12日 中央社)パリに本部がある国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF)が12日発表した2014年のワールド・プレス・フリーダム・インデックス(世界の報道自由度ランキング)で台湾は昨年の47位から3ランク順位を下げて180カ国・地域中50位にランクされた。

同ランキングで台湾は2年連続で順位を落としたものの、アジアの日本(59位)、韓国(57位)、香港(61位)のいずれよりも順位が上だった。

報道の自由度が最も高い上位3位はフィンランド、オランダ、ノルウェーで、ワースト1位はエリトリア(アフリカ)。北朝鮮はワースト2位で、中国大陸は175位だった。

(編集:荘麗玲)