台湾、グーグルと協力で災害情報サービス開始 日本に次いでアジア2番目

【社会】 2013/07/11 18:41 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾、グーグルと協力で災害情報サービス開始  日本に次いでアジア2番目

(台北 11日 中央社)中華民国(台湾)政府が米グーグル社と協力して立ち上げた台湾版「グーグル・クライシス・レスポンス」は10日から利用可能となり、スマートフォンなどで台湾の最新の災害情報を得られるようになった。

グーグルによる災害情報のサービス提供は、アジアで日本に次いで2番目。タブレットPCなどモバイル端末でTaiwan Crisis MapやGoogle Nowなどのツールを利用すれば、中央気象局や経済部水利署などの発表する台風、豪雨、土石流、浸水状況、河川水位についての最新情報をいつでもどこでも手に入れることができるという。

(編集:羅友辰)