超人マラソンの関家さん 「感謝」の台湾一周完走

【社会】 2012/03/12 14:58 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
超人マラソンの関家さん 「感謝」の台湾一周完走

(台北 12日 中央社)日本屈指のウルトラマラソンランナー・関家良一さん(写真中央) が11日、台湾の東日本大震災復興支援と東呉大学の「東呉国際ウルトラマラソン」開催に感謝するため、台北にある同大学を起点とする台湾一周のジャーニーランを13日間の日程で終え出発点に戻った。

2月28日に東呉大学を出発した関家さんは1064キロに及ぶ台湾一周マラソンを終え、1日当たり平均80キロ以上を走り、最終日の昨日午後スタート地点の東呉大学に到着、日本震災犠牲者に黙祷を捧げた。

東呉大学に戻った関家さんは台湾各地の支持者とジャーニーラン途中の伴走者に感謝の意を表し、「これは1人でできたことではない」と述べた。

台湾で毎年開催される24時間「東呉国際ウルトラマラソン」では6連覇を達成した関家さんは東呉大学が主催した311東日本大震災追悼式に出席し、犠牲者に一分間の黙祷を捧げた後、台湾一周の際寄せられた義捐金を日本の対台湾交流窓口である交流協会台北事務所に送り届けた。

はるばる日本から台湾にきた関家さんのお母さんは息子が台湾一周の完走を見守るとともに台湾から日本に送られた熱情に感謝の意を表した。

関家さんがスタート地点の東呉大学に戻る直前の2時間ランを伴走した交流協会の佐味祐介副代表(写真左)は日台の友情が永遠に続くと述べ、中国語で「謝謝台湾(台湾ありがとう)」とお礼を言った。