中国外交官の不適切な行動「初めてじゃない」=ポンペオ米国務長官/台湾

【政治】 2020/10/22 16:04 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ポンペオ米国務長官=資料写真

ポンペオ米国務長官=資料写真

(ワシントン中央社)駐フィジー台北商務弁事処(大使館に相当)のイベントに中国大使館の職員が乱入し台湾の職員にけがさせた問題で、米国のポンペオ国務長官は21日、メディアに対し「台湾の友人のけがが無事に治ることを願う」と述べた。また、「中国の外交官の不適切な行動について聞いたのは、残念ながらこれが初めてではない」と指摘した。

同処は10日の双十国慶節(中華民国の建国記念日)を前に8日、祝賀パーティーを開催。これに中国大使館の職員が押し入り、制止しようとした台湾の職員ともみ合いになり、1人の頭部にけがを負わせた。中国側は台湾側の挑発が発端となったとしているが、ポンペオ氏は台湾の外交部(外務省)と同様に、中国側の行動が騒ぎにつながったとの見解を示した。

(徐薇婷/編集:楊千慧)