台湾の代表処、ソマリランドで開設 首都で看板除幕式

【政治】 2020/08/17 19:45 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾の代表処、ソマリランドで開設 =写真はtwitter.com/HornDiplomatより

台湾の代表処、ソマリランドで開設 =写真はtwitter.com/HornDiplomatより

(台北中央社)台湾がアフリカ北東部のソマリランドに置く代表機関「台湾駐ソマリランド共和国代表処」の看板除幕式が17日、首都ハルゲイサで行われた。式典では技術面の連携における協定が結ばれた。同処の外では中華民国とソマリランドの国旗がはためいた。

外交部(外務省)は先月1日、ソマリランドと相互に代表機関を設置すると発表。ソマリランドは91年に独立を宣言し、台湾とは2009年から良好な関係を築いてきた。同部は「台湾と民主主義や自由の理念が近い国家」としている。今月7日には駐台代表を務めるMohamed Omar Hagi Mohamoud氏が台湾に到着。新型コロナウイルス対策として14日間の在宅検疫を受けている。

(陳韻聿/編集:楊千慧)