高雄市長補選に勝利の陳氏、今月下旬に就任へ/台湾

【政治】 2020/08/16 12:41 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
当選から一夜明けた16日、支持者らに感謝する陳其邁氏(右)

当選から一夜明けた16日、支持者らに感謝する陳其邁氏(右)

(高雄、台北中央社)南部・高雄市で15日に投開票された市長補欠選挙に勝利した与党・民進党の陳其邁(ちんきまい)氏が、今月下旬にも就任となる見通しだ。

最大野党・国民党の韓国瑜(かんこくゆ)氏が今年6月のリコール投票で解職されたのに伴う補選。中央選挙委員会(選管)は21日に陳氏を当選者として公告する方針で、就任は公告から10日以内と法で定められているため遅くとも8月末までには就任することになる。手続きにかかる時間から、早ければ24日にも就任となると推測される。

任期は韓氏の残任期間の2022年まで。蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)は15日夜、フェイスブックを更新し、「2年を4年だと思って引き続き頑張るように」と陳氏を激励した。

(侯文婷、王淑芬、余祥/編集:楊千慧)