蔡総統、米アザー厚生長官と面会 トランプ大統領の台湾支持に感謝

【政治】 2020/08/10 14:13 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
蔡英文総統(右)と面会する米アザー厚生長官

蔡英文総統(右)と面会する米アザー厚生長官

(台北中央社)蔡英文総統は10日午前、米国のアザー厚生長官と台北市の総統府で面会した。トランプ大統領ら多くの米国の友人が世界の新型コロナウイルス対策における台湾モデルの貢献を継続的に評価していることや、台湾の国際参加に向けた強力な支持に感謝を示した。その上で、台米共同でのワクチンや治療薬の開発、生産において顕著な進展があることに期待を寄せた。

アザー長官ら訪問団は9日に台湾に到着した。外交部(外務省)はアザー長官の訪台について、台米双方の医療・衛生分野での交流強化が主な目的だとしている。アザー長官は1979年の台米断交以来、訪台した米高官として最高位。閣僚級としては6年ぶりとなる。

アザー長官はあいさつで、台湾に対するトランプ大統領の強力な支持と友情を伝えるために訪台できたのは光栄だと言及。その上で、「台湾のコロナ対応は世界で最も成功した手本の一つ」だとたたえ、この成功は台湾社会や文化における透明で開かれた、そして民主主義の本質を示すものだと述べた。

(温貴香、葉素萍/編集:名切千絵)