環太平洋演習 台湾はオブザーバー参加目指す=国防部

【政治】 2020/07/28 16:22 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
国防部の史報道官=資料写真

国防部の史報道官=資料写真

(台北中央社)米ハワイで来月17日から実施される米海軍主催の多国間海上演習「環太平洋合同演習」(リムパック)について、国防部(国防省)の史順文報道官は28日午前の定例会見で、台湾の参加に関して現時点では正式な通知は受けていないと明らかにした上で、オブザーバーとして人道支援などの訓練に参加することを優先的に目指す考えを示した。

リムパックを巡っては、米上院で今月23日、台湾を招待するべきとした提言を盛り込んだ2021会計年度の国防権限法案が賛成多数で可決された。そのため、台湾が今年参加できるのかについて注目が集まっている。

リムパックは2年に1度実施され、2012年以降は毎回20カ国以上が参加している。台湾は近年、参加を目指しているものの、招待はされていない。

(游凱翔/編集:名切千絵)