空中勤務総隊の操縦士に賞与 毎月15万円支給 人材つなぎとめ狙う/台湾

【政治】 2020/07/10 15:09 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
空中勤務総隊の台中基地を視察に訪れた蔡総統(右2)

空中勤務総隊の台中基地を視察に訪れた蔡総統(右2)

(台中中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は10日、内政部(内務省)空中勤務総隊の操縦士に毎月4万台湾元(約15万円)の賞与を今月から追加支給すると発表した。運航乗務員や後方支援、乗務員の時間制報酬も引き上げる。待遇の改善により、人材のつなぎとめを図る。

空中勤務総隊は上空からの災害救助や救難、救護などの任務を担当している。

蔡総統はこの日、同隊の台中基地を視察に訪れ、隊員の献身に感謝した。

(蘇木春/編集:名切千絵)