台湾、5G時代に突入 蔡総統「世界」見据え700億円規模の支援を約束

【政治】 2020/06/30 17:28 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
5G時代に入ったことを喜ぶ蔡総統(中央)ら

5G時代に入ったことを喜ぶ蔡総統(中央)ら

(台北中央社)通信大手、中華電信は30日、次世代通信規格「5G」サービスの提供を開始した。記念式典に出席した蔡英文(さいえいぶん)総統は、台湾は米国や日本、韓国と同様、5G時代に入ったと喜びを示し、台湾が世界との競合で優位に立てるよう、4年間で200億台湾元(約730億円)を投じると約束した。また、5Gを取り巻くエコシステム(生態系)の健全な発展を後押しするため、法律面における規制も緩和するとした。

デジタル国家の創造は政権与党の主要目標で、5Gは最も重要な役割を担うマイルストーンだと強調した蔡総統。アフターコロナ時代における世界の産業は再構築段階に入ったと指摘し、5Gがその鍵を握るとの見方を示した上で、中華電信と産業界が手を携えた“5Gナショナルチーム”が“国際大会”で頭角を現すことに期待を示した。

(江明晏/編集:塚越西穂)