チェコ上院議長が8月末に台湾訪問へ 外交部「心から歓迎」

【政治】 2020/06/09 17:56 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾訪問を発表するチェコ上院のビストルチル議長(右)

台湾訪問を発表するチェコ上院のビストルチル議長(右)

(台北中央社)チェコメディアによると、チェコのミロシュ・ビストルチル上院議長は台湾時間9日午後3時、記者会見を開き、8月30日から9月5日までの日程で台湾を訪問すると発表した。外交部(外務省)はこれに対し、報道資料で「心から歓迎する」と表明した。

チェコ議会の現職議長が台湾を訪れるのは初めて。今年2月にヤロスラフ・クベラ上院議長(当時)が訪台予定だったが、1月に急死した。クベラ氏の逝去後、同氏が台湾訪問について中国大使館から脅迫を受けていたことが報じられ、ミロシュ・ゼマン大統領やアンドレイ・バビシュ首相らチェコ政府高官が中国を非難していた。チェコ上院は先月20日、上院議長の台湾訪問を支持する決議案を採択した。

(陳韻聿/編集:名切千絵)