米軍艦が台湾海峡を航行 今年7回目=天安門事件31年の日に

【政治】 2020/06/05 12:01 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
米海軍のミサイル駆逐艦ラッセル=米第7艦隊のフェイスブックから

米海軍のミサイル駆逐艦ラッセル=米第7艦隊のフェイスブックから

(台北中央社)中国共産党が民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件から31年を迎えた4日、米海軍のミサイル駆逐艦「ラッセル」が台湾海峡を航行した。米第7艦隊が5日未明、フェイスブックで明らかにした。国防部(国防省)や米第7艦隊が公表している情報によれば、米軍艦が台湾海峡を通過するのは今年に入って7度目で、第2期蔡英文政権が発足した先月20日以降では初めて。

国防部によれば、米軍艦は4日、北から南に向けて台湾海峡を航行した。同部は、今回の米軍の航行は通常の任務だとし、異常はなかったと説明した。

(游凱翔/編集:名切千絵)