天安門事件から31年 蔡総統、中国の「消えた日」に思い

【政治】 2020/06/04 12:17 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
天安門事件から31年 蔡総統、中国の「消えた日」に思い=蔡氏のフェイスブックから

天安門事件から31年 蔡総統、中国の「消えた日」に思い=蔡氏のフェイスブックから

(台北中央社)中国共産党が民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件から31年を迎えた4日、蔡英文総統はフェイスブックやツイッターに6月4日を示すカレンダーの写真を投稿し、中国が「消えた日」を取り戻せるよう願った。

蔡総統はフェイスブックには中国語、ツイッターには英語で文章を投稿した。中国では1年365日の中で忘れ去られた日が1日あると指摘した上で、過去の台湾にもカレンダーから消えた日があったものの、「努力によって取り戻した」と紹介した。

ツイッターでは最後に「中国がいつか同じことを言えますように」と願いをつづり、一方のフェイスブックでは「この世界の全ての片隅、全ての土地において、消える日が二度と現れませんように」と思いを伝えた。

また、フェイスブックでは「自由な台湾が香港の自由を支える」とハッシュタグ(検索目印)を添え、香港に向けてメッセージを発した。

(温貴香/編集:名切千絵)