頼次期副総統、トランプ大統領を迎えた朝食会に同席/台湾

【政治】 2020/02/07 14:01 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
朝食会を終えて会場を後にした頼氏

朝食会を終えて会場を後にした頼氏

(ワシントン中央社)訪米中の頼清徳次期副総統は6日、ワシントンで、トランプ大統領を迎えた年に1度の朝食会「ナショナル・プレイヤー・ブレックファスト」に出席した。

頼氏は午前6時50分ごろ、高碩泰・駐米代表(大使に相当)に伴われて会場入りした。消息筋によれば、頼氏の座席は最前列で、トランプ氏に近い共和党のリンゼー・グラム上院議員と同じテーブルだった。隣のテーブルにはマイク・ポンペオ国務長官が着席していたという。

ナショナル・プレイヤー・ブレックファストは1953年、当時の国会議員がアイゼンハワー大統領を朝食会に招いたのが始まり。その後米大統領の恒例行事となり、毎年3000人を超す各国のゲストが参加している。ホワイトハウスの資料によれば、今年はマーク・エスパー国防長官やデービッド・バーンハート内務長官ら政府高官のほか、民主党のナンシー・ペロシ下院議長、下院共和党トップのケビン・マッカーシー議員ら上下両院議員200人余りが参加した。

(徐薇テイ/編集:塚越西穂)