頼次期副総統、米ニューヨークに出発 各国有力者が集うイベント出席へ/台湾

【政治】 2020/02/03 18:09 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
米に向かって出発する頼清徳氏

米に向かって出発する頼清徳氏

(台北中央社)頼清徳・次期副総統が2日夜、米ニューヨークに向けて桃園国際空港を出発した。民進党関係者によれば、頼氏の訪米はワシントンで開かれる「ナショナル・プレイヤー・ブレックファスト」に出席するため。同イベントは各国の有力者や宗教関係者を招いて年1回開かれるもので、米大統領も毎年出席している。台湾から副総統レベルの人物が出席するのは異例。

頼氏の同イベント出席は、民進党の林俊憲立法委員(国会議員)が取材に対して明らかにした。同イベントは例年2月の第1木曜日に開催される。

林氏によれば、頼氏は行政院長(首相)辞職時に招待を受けており、身分が次期副総統に変わっても、主催者から熱心な誘いがあったという。頼氏は昨年1月に行政院長を退いた。

慣例的には、各国の駐米使節はいずれも招待の対象とされる。馬英九政権下では中華民国駐米代表や国民党中央委員、陳水扁政権下では総統府資政(顧問)や元行政院長らが招かれていた。

(葉素萍/編集:名切千絵)