台北市、チェコ首都のプラハ市と姉妹都市に 関係深化目指す/台湾

【政治】 2020/01/14 14:10 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
柯台北市長(左)とプラハのフジブ市長=台北市政府提供

柯台北市長(左)とプラハのフジブ市長=台北市政府提供

(プラハ中央社)台北市が13日、チェコの首都プラハ市と姉妹都市協定を締結した。調印式はプラハ市で行われ、柯文哲台北市長と同市のフジブ市長が協定書に署名した。双方は今後、文化、教育、科学技術、観光、衛生などの分野で交流を深めていく。

近年のチェコ社会における中国への不満を背景に、プラハ市は2019年に北京市との姉妹都市関係を解消し、台湾との友好関係促進に力を入れるようになった。柯市長は、台湾への支持を表明したフジブ市長に感謝を伝えるとともに、かつて台湾に留学した経験を持つフジブ氏による再度の台湾訪問を歓迎する意を表した。

フジブ氏は台湾で過ごした青春時代に思いをはせながら台北は「第二の故郷」のようだと述べ、民主主義の価値や人権、自由への重視によって結び付けられた両都市の経済分野での提携が深まるよう期待を寄せた。

姉妹都市協定のほか、双方は動物園と観光分野での提携に向けた覚書も交わした。これにより、プラハ市は台北市立動物園からミミセンザンコウが贈与されることになる。

(林育立/編集:荘麗玲)