香港人から台湾への居留申請が2割増=1~10月の統計

【政治】 2019/12/02 17:27 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
内政部の陳宗彦政務次長

内政部の陳宗彦政務次長

(台北中央社)移民署の今年1~10月の統計で、香港住民からの居留(長期滞在)申請が前年同期に比べ2割増加していることが分かった。内政部の陳宗彦政務次長が2日、立法院(国会)内政委員会で明らかにした。2018年同期の前年同期比成長率が約4.5%だったのと比較すると、今年は特に大きく伸びている。

移民署の統計によると、今年1~10月に居留申請を許可された香港住民は4352人。前年同期比約20.6%増となった。同期間に定住を許可された香港住民は同30.9%増の1189人。陳次長は、大多数は留学で台湾に来た後、そのまま残って働いているケースだと説明した。

香港やマカオの住民は、台湾地区に600万台湾元(約2155万円)以上の投資をし、中央政府の所管機関の審査を通過しさえすれば、台湾への居留を申請できる。これに対し、野党・国民党の許毓仁立法委員(国会議員)からは「ハードルが低すぎるのではないか」との指摘が上がった。陳次長は、香港情勢の変化を踏まえ、過去に定めた申請要件を調整する必要性について関係部会(省庁)と検討していく方針を示した。

(陳俊華/編集:名切千絵)