豪で「中華民国台湾」の承認求める署名活動 6000人超が賛同

【政治】 2019/10/28 19:18 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
オーストラリアで展開される「中華民国台湾」の承認求める署名活動=同国下院の請願サイトより

オーストラリアで展開される「中華民国台湾」の承認求める署名活動=同国下院の請願サイトより

(ジャカルタ中央社)「台湾にある中華民国」(Republic of China on Taiwan)の国家承認をオーストラリア政府に要請するよう求める請願が連邦議会下院の電子請願サイトに寄せられ、28日までに6000件以上の署名が集まっている。同様の請願署名は先月以降、ドイツや米国でも実施されている。

請願では、中華民国が東アジアにおける民主主義や法の支配の灯台であり、防衛や安全保障においても重要な役割を果たしていると説明。「民主主義や自由を愛する全ての国は台湾にある中華民国を正式に国家承認すべきであり、一つの中国、一つの台湾が存在するのは長年にわたる事実だ」と指摘した。請願はギャバン・ダフィー氏の名義で提出された。請願の発起や署名はオーストラリアの居住者もしくは国民に限られる。

署名は来月20日に締め切られる。署名の必要数は設定されていない。その後、常任委員会から請願を付託された所管機関の代表は請願への回答を求められる。

(石秀娟/編集:名切千絵)