蔡総統、米下院議員と公邸で面会 外交国喪失での連携対応に感謝/台湾

【政治】 2019/10/08 13:08 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
米民主党のショーン・パトリック・マロニー下院議員(右から2人目)と面会する蔡英文総統=総統府提供

米民主党のショーン・パトリック・マロニー下院議員(右から2人目)と面会する蔡英文総統=総統府提供

(台北中央社)蔡英文総統は7日、台北の公邸で、米民主党のショーン・パトリック・マロニー下院議員と面会した。蔡総統は、中国からの圧力によって台湾が最近、外交国2カ国を失ったことに触れ、米国政府が台湾と連携し、対応を続けていることに感謝を示した。

両氏の面会は事前に公表されておらず、総統府が事後に報道資料で明らかにした。

マロニー氏の公邸訪問には呉ショウ燮外交部長(外相)や米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)のブレント・クリステンセン台北事務所所長(大使に相当)が同行し、李大維・国家安全会議秘書長も同席した。(ショウ=金へんにりっとう)

(葉素萍/編集:名切千絵)