ソロモン断交 菅官房長官「大きな関心を持って注視」/台湾

【政治】 2019/09/17 18:56 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 17日 中央社)菅義偉官房長官は17日の記者会見で、中華民国(台湾)と南太平洋のソロモン諸島の断交について、「両岸(台湾と中国)関係および地域の平和と安定の観点から、今後の影響を含め大きな関心を持って注視をしている」と述べた。また、台湾をめぐる問題については「平和的解決を期待する」のが日本の一貫した考え方だと説明した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます