米民主党、台湾の国際参加を支持する決議案採択 外交部が感謝

【政治】 2019/08/26 14:08 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
米民主党、台湾の国際参加を支持する決議案採択 外交部が感謝

(台北 26日 中央社)米民主党全国委員会は22~24日にサンフランシスコで開催した夏季集会で、台米関係のあり方を定めた「台湾関係法」制定40周年を記念した台湾支持の決議案を採択した。外交部(外務省)は26日、報道資料で、歓迎と感謝を示した。

外交部によると決議案では、台湾の自由で開かれた社会と民主主義制度を評価し、台湾が世界保健機関(WHO)や国際民間航空機関(ICAO)、国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)およびその他の国際組織に有意義に参加できることへの支持が示された。

米共和党全国委員会も今月2日の夏季集会で、台湾支持の決議案を採択していた。

外交部は、台湾関係法40周年の節目の年に米国の政権や国会、民主、共和両党など各界が具体的な行動で絶えず台湾への固い支持を示し、自由で開かれた民主主義社会を評価していることは、非常に前向きな意味があるとし、今後も引き続き米両党と密接に連携し、台米の友好的なパートナー関係を安定的に深化させていくとした。

(顧セン/編集:名切千絵)