中国の圧力「台湾は持ちこたえられる」=蔡総統 米デンバー初訪問

【政治】 2019/07/20 19:06 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
中国の圧力に屈しない姿勢をアピールする蔡総統

中国の圧力に屈しない姿勢をアピールする蔡総統

(デンバー 20日 中央社)蔡英文総統は外交関係を持つカリブ海4カ国歴訪を終え、19日に経由地の米デンバー(コロラド州)に到着した。現職の中華民国総統が同地を訪れるのは初めて。

この日の夜、在米華僑らとのパーティーに出席し、あいさつをした蔡総統。中国を念頭に「確かに台湾は(中国から)大きな圧力を受けている」と認めつつも、「圧力がどんなに大きくても、蔡英文は持ちこたえられる。台湾も持ちこたえることができる」と述べ、中国の圧力に屈しない姿勢を示した。

来年1月の総統選については、「台湾にとって正念場の戦いになる。この試練を乗り越えなければならない」と訴え、出席者らに団結や、与党民進党の公認候補に決まっている自身への支持を呼び掛けた。

パーティーにはコロラド州のジャレッド・ポリス知事(民主党)や同州選出のコリー・ガードナー上院議員(共和党)らも姿を見せた。ガードナー氏は「米台関係は史上最高の状態にある」として蔡総統の来訪を喜んだ。

蔡総統はデンバーで2泊した後、22日に台湾に戻る予定。

(温貴香、林宏翰/編集:羅友辰)