蔡総統、帰路で米デンバー立ち寄り 米上院議員「安全保障関係示す」/台湾

【政治】 2019/07/17 19:55 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
米ワシントンで16日、取材に応じるコリー・ガードナー上院議員(中央社インタビュー映像より)

米ワシントンで16日、取材に応じるコリー・ガードナー上院議員(中央社インタビュー映像より)

(ワシントン 17日 中央社)外遊中の蔡英文総統が帰路で米国コロラド州デンバーに立ち寄ることについて、同州選出のコリー・ガードナー上院議員(共和党)は16日、双方の安全保障関係を明示するものだとの見方を示した。取材に対して語った。

蔡総統は外交関係を結ぶカリブ海4カ国歴訪のため11日に台湾を出発しており、経由地のデンバーで19日から2泊する予定。

ガードナー氏は、蔡総統はデンバー滞在中、コロラド州のリーダーや地元企業らと面会するほか、行政各部門が合同で推進する環境や再生エネルギーなどに関する最先端の研究についても意見交換を行うと説明。ロッキー山脈の人々の暮らしぶりなども見てもらいたいとし、両地の友好深化に期待を示した。

中国の圧力については「私に不満を感じていることを確信しているが構わない」と笑い、「米国民と、友人である台湾にとって正しいことをしている」と述べた。

(江今葉/編集:塚越西穂)