国民党の総統選予備選、韓国瑜高雄市長が勝利/台湾

【政治】 2019/07/15 11:03 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
国民党が発表した各候補者の世論調査支持率の平均値

国民党が発表した各候補者の世論調査支持率の平均値

(台北 15日 中央社)最大野党・国民党は15日、記者会見を開き、来年1月の次期総統選の公認候補を決める予備選で、韓国瑜高雄市長が勝利したと発表した。28日の党大会で正式に指名する。

予備選に立候補していた他の候補者は、郭台銘・鴻海精密工業前董事長(会長)、朱立倫前新北市長、周錫イ元台北県長、張亜中・孫文学校総校長の4人。(イ=王へんに韋)

調査は固定電話を対象とし、8日から14日まで、夜間に実施された。韓氏は44.81%の支持率で、2位で郭氏の27.73%を大きくリードした。有効回答は1万5185件だった。

(余祥/編集:荘麗玲)